今さら聞けない基本知識

女医

施術前に知りたいこと

プチ整形の代名詞としてよく耳にするボトックス注射ですが「実際にはどのような効果があるのだろう」と考えている人もいるでしょう。そもそも、ボトックス注射は、施術した箇所の皮膚(の筋肉)を一時的に動かなくする効果があります。筋肉が動かなくなると、その部分だけ痩せるため、ふくらはぎやエラに施術することで足を細く見せたり、小顔に見せたりするという効果が得られるのです。さらに、シワというのは筋肉によって皮膚が動くことで作られるものですから、眉間やおでこに施術をすればその部分のシワが一時的に伸びるという効果があります。顔が小さく見えたり足が細くなることで、スタイルが良く見えたり顔立ちが洗練された雰囲気になるため、メスを入れずに自分の雰囲気を変えたいという人にはピッタリの整形といえるのではないでしょうか。さらに、シワがなくなることで若々しく穏やかな雰囲気に見せることもできるため、女性だけでなく、自分の顔に悩みがある男性などにも利用されています。あまり知られていませんが、多汗症や脇のニオイに悩んでいる場合でもボトックス注射が効果的です。施術を受けることで汗が分泌されにくくなるため、汗の量やニオイが軽減されるというしくみです。このように、体の様々な部位に色々な効果を及ぼす施術だからこそ、広い年齢層の人に利用されており、それだけ人気が高くなるというのもうなずけるものでしょう。施術は1回あたり50,000円〜100,000円前後ですから、初めて整形をするという人でも利用しやすい価格帯といえるのではないでしょうか。安全性の高いボトックス注射ですが、その効果を高めたり、赤みや腫れを抑えたりするためにいくつかの注意点を覚えておく必要があるといえるでしょう。こうした注意点は美容クリニックでも伝えられますが、忘れたり聞き逃したりしていることもあるため、自宅に帰ってからもう一度自分で確認することをオススメします。まず最初のポイントとしては、施術をした当日は顔に強い圧や力をかけないようにするという点です。施術をした部分に薬剤がとどまることで効果が発揮されるため、顔をマッサージしたり、施術した部位を下にして眠ったりすると、薬剤が分散して効果が薄まってしまうことがあります。ですから、できるだけ力をかけたり触ったりすることなく過ごしたほうが良いでしょう。次に、激しい運動や日焼け、長時間のサウナなどもできれば避けたほうが安心です。施術をした当日〜数日間は、施術によって負荷がかかっている状態ですから、沢山汗をかいたり日焼けのダメージを受けると、痛みが発生したり赤く腫れてしまうことがあります。通常は手術を受けてから翌日にはお風呂やシャワーを利用できますが、医師の指示の下、できるだけ負担をかけないように注意して過ごしましょう。注意点はいくつかありますが、どれもそれほど難しいものではありませんし、必要以上に注意しなければいけないことはありません。注射した箇所も家に刺されたような赤みが残ることはありますが、基本的には非常に目立たず、数日間で跡がなくなります。人に知られずコッソリ美容整形をしたい、そんな願いを叶えてくれるのもボトックスの良さといえるでしょう。

注射

納得して治療を受けたい

ボトックス注射治療は美容クリニックで受ける事ができ、カウンセリングを受ける事から始まります。事前に予約して医師と面談し、納得できたら同意書に署名して後は受けるだけです。信頼できて納得して受ける為には良いクリニックに巡り合う事が大切です。

女性

メイクは濃過ぎないように

ボトックスは副作用の少ない施術ですが、術後には患部の圧迫を避けるような工夫が必要です。特にメイクを濃くすると不必要に触る機会が増えるので気をつけましょう。注射の傷みもほとんどなく麻酔やアイシングを使うこともできます。

カウンセリング

シワに使える治療法

初めての人でも安心して利用できるボトックス注射は、シワ対策として利用しやすく多くの人が受けています。費用は数万円程度ですみますけど半年に一度程度、受けなければならないのでトータルでどの程度かかるか計算も必要です。